中年男子は脱毛への意識がほとんどない時期です

中年男子は脱毛への意識がほとんどない時期です

40歳を過ぎると、将来が見えてきます。今さら何をしても同じこと、ちょっと投げやりになりがちな時期です。とはいえそれが奥さんや子供達から嫌われる原因かもしれません。何歳になっても自分磨きを忘れてはいけません。

将来が見えてくる時期です

40歳を過ぎると出世の限界が見えてきます。転職も厳しい時期です。今の生活を続けるのがベストと考えがちです。もちろん現状維持ができればよいですが、身体はどんどん衰えていきます。老化が進みます。本当に大丈夫でしょうか。
第一にはメタボな身体を治すべきでしょう。しかし健康を意識するためには、見た目も重要です。男性であってもお肌がカサカサしていれば、自信を失いがちです。おまけにムダ毛がシャツから出ていれば、会社でも嫌われていませんか。

娘から嫌われる時期です

40歳代ならば思春期の娘がいてもおかしくありません。最近会話していますか。もちろん若い娘が父親を嫌うことは、親離れするための正しい行動です。それを否定してはいけませんが、一抹の寂しさを覚えるのも事実です。
理屈でわかっていても、モテる父親が世間には少なくありません。その違いは何でしょうか。単なる経済力ではありません。娘から見てもかっこいいと思える男になってみませんか。その際に脱毛はひとつのツールになるでしょう。

妻との会話がなくなる時期です

不景気とはいえ仕事や付き合いで帰りが遅くなりがちです。すると夫婦の会話もなくなります。冷戦状態こそ平和と考えることもできますが、共通の話題がないことこそが、早く帰りたくない、お互いが避けてしまう原因なのかもしれません。
妻を女として認められるか、言い換えると自分は男と認識されているか。夫婦が円満に続く要因とも言われています。おしゃれに気遣う中年は、男女を問わず魅力的です。ダイエットと同様に脱毛や肌のメンテナンスにも励みましょう。

努力はしてみましょう

娘や妻、そして会社でも嫌われていると思ったら、原因を探してみましょう。ムダ毛茫々の身体でうろついていませんか。全身脱毛ではなくても、身嗜みとして整える努力はしてみましょう。女子の視線が変わるかもしれません。

関連記事です☆